清楚でありながら艶のある色気

仙台市の駅から近いコンビニでいつも待ち合わせをする僕のセフレは、
20代だけど女子大生に見えるくらい見た目が若いです!!
ヤバイです!綺麗すぎる!
海に行ってドライブをした後、

仙台市の綺麗なラブホに行った時、

お口でフェラをやってもらい我慢できなくなったのでベッドへ移動。
クリを集中的にせめると、あえぎ声が大きくなっていきました。
指入れをすると感じてしまい足をガクガクさせているのが可愛らしかったです。
キスが得意なようでこちらの舌の動きに合わせてセフレも舌を絡ませてきます。
乳首がかなり弱いらしく攻めると可愛い声で喘ぎます。
正常位で腰をガンガン振ります。セフレもいい声で鳴いてくれます。

“おねしょ”悩み解消!!大きくなっても治らないのはどういう仕組み?

生活情報ファイルです。今回は「夜尿症」です。赤ちゃんの頃は誰でもおねしょをしますけれど…大きくなってからも、おねしょが続くという場合は、「夜尿症」という病気かもしれません。小学校1~2年生になっても週に数回はしてしまうという場合、「気軽に相談してほしい」とお医者さんは話します。

まずは、町の皆さんに聞いてみました。

おねしょ、いつまでしていました?

梅島アナウンサー

「おねしょって、いつごろまでしてたか覚えてます?」

町の人

「たぶん、4歳か5歳くらいです」

町の人

「弟…(笑)小学校1年生くらいまで、いつも寝るときビニールシーツ敷いていた」

町の人

「実はですね、恥ずかしながら小学校3年生くらいまではやってました」

町の人

「おねしょは、小5です。ひどいときは毎日とかありあましたよ」

そのおねしょ、大きくなっても治らないのは、どういう仕組みなのでしょうか?

夜尿症治療に詳しい、鳴海医師に伺いました。

なるみ赤ちゃんこどもクリニック 鳴海僚彦院長

「夜尿症とは、まず夜間なかなか目覚めにくいという体質がベースにあって、そこに加えて夜間の尿量が多かったり、溜めておける膀胱の容量が小さいと発症します」

原因は大きく二つあります。

膀胱のサイズが小さく就寝中に満タンになってしまうというものと、夜間の尿を減らすためのホルモン分泌量が少なく、尿量が多くなるというものです。

現在、この夜尿症で悩む子供たちは、全国に約80万人いるといわれています。

反面、この夜尿症で治療を受けている子供たちは、わずかに8万7000人。

患者全体の9割が、治療を受けていないのです。

仙台市に住む、木村幸恵さん(仮名)。

木村さんは、7歳の息子の夜尿症を治療するため、1年ほど前から病院に通っています。

木村幸恵さん(仮名)

「病院に通うまでは、おむつが濡れなかった日はない。生まれてから一回も、パンツがサラサラだったよって起きた日はないです」

生後間もないころは、気づくとおむつが常に濡れている状態。

トイレが近い特徴の子どもと思い、様子を見ていたといいますが、小学校入学を前に通院を決めたといいます。

木村幸恵さん(仮名)

「家族からは大人になったらいつか治ると。いいんじゃないの?病気ということにしなくて。という反対はありました」

梅島アナウンサー

「だけれども、お母さんとしては?」

木村幸恵さん(仮名)

「本人がいつまでもなんで濡れているんだろう…という思いがあったから、それが薬で治まるんだったら治めてあげたいなと」